MINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAM.のドライバー、大橋逸夫による車輌開発ストーリーから
レース情報・現地情報など、盛り沢山の内容でお届けします。

コ・ドライバー藤上より皆様へのご挨拶
reFujikami-Prof

こんにちは!
ほとんどの方は初めましてですね。
この度MINI JCW RALLY TEAMのコドライバーを務めることになりました藤上と申します。
ラリーの楽しさや、ラリーってこんな感じなんだ!といったような事も皆さんにお伝えできればと思います。よろしくお願いします。

いよいよ4月になり、全日本ラリー選手権第1戦のツール・ド・九州 in 唐津が近づいてきました。エントリーリストも発表となり、気持ちも高ぶってきます。
とはいえ、車はほぼシェイクダウン。無事に戻ってくる事を第一に頑張りたいと思います。
私たちのエントリーしているJN-5クラスは2500cc以上の2輪駆動で争われるクラス。唐津のエントリーリストを見ると、シトロエン、アバルト、プジョー、MINIと輸入車が並んでいます。国産車はトヨタのヴィッツターボがエントリーです。全車、ハイパワーFFです。とはいえ、車重やパワーにはバラつきがあります。
ステージによって得意不得意が別れたりもするのかもしれませんね。

さて、MINI JCW 3Doorですが、ATのノーマル車両の横に乗せてもらいました。
あまり難しいことは私には分かりませんが、低回転から力強く加速していくのにすごく安定しているな、というのが率直な感想でした。
そして車内に入ってくるエンジンサウンドが非常に心地いいんです。うるさいわけではなく、上品に主張して、「大人のスポーツ」感がありました。
本番車もどんな走りになるか楽しみです!

唐津は土日ともにギャラリーステージ(観戦ポイント)が用意されています。土曜は林道ステージ、日曜は港の特設ステージです。ラリーの拠点となるサービスパーク周辺では屋台も出てます。ご家族で、お友達と、是非観戦にお越しください!
闘うMINIを見に来てくださいね!