MINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAM.のドライバー、大橋逸夫による車輌開発ストーリーから
レース情報・現地情報など、盛り沢山の内容でお届けします。

ハイランドのMOPのお客様はフラットダート走行にもチャレンジ
th_mini_mcsc22

こんばんは、

気が付くと今週末はもう新城ラリーで最終戦

たった2週間の間に車の仕様をガラッと変えて
最終戦に望む予定でおります。その様子はまた後日。

さて、今回の新城ラリー、MOP(MINI OWNERS PROGRAMME)の応募が50名近くあったとか?
ご招待させていただけるのは10組(1組2名様まで)だけですが、
抽選に漏れた方も、是非新城ラリーの会場のMINIのテントに来てください。サービスパークではできるだけおもてなしさせていただきます。

前回のハイランド、お越しいただいた方JCWのGPやダカールラリー仕様などいろいろな車種が集まりました。
MINI専用の観戦スペースでの観戦、皆でランチ、記念品のプレゼント、希望された方に運転席へお試し着座など



サービスの時間もフルに使って皆様にお楽しみいただきましたが

今回のSSコースの試走はなんと!ダート路面(土)
お車に傷がつく可能性がなくはないので、ご遠慮された方もいらっしゃいましたが
多くのオーナー様が
僕らが走行したSS(スペシャルステージ)のダート路面を果敢に走行されていたようです!
その様子はこちら


クロスオーバーだけでなく、ハッチバックも!

なんと、オフィシャルの方々の粋な計らいで、スタート時はラリーと同じカウントダウンからのスタートだったようですよ。
パイロンを旋回するシーンしか撮れていませんが、皆さん、いいタイミングで曲がってますね。

回を増すごとに、僕らも慣れてきて
皆さんにより楽しんでいただくにはどうしたらいいか
考えられるようになってきました。

この企画は、主催者の方々、オフィシャルの方々の多大な協力があってこそ実現することでして、
毎回毎回無理なお願いを聞いて頂き、非常に感謝しております。
本当にありがとうございます。

次回の新城、頑張ります。