MINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAM.のドライバー、大橋逸夫による車輌開発ストーリーから
レース情報・現地情報など、盛り沢山の内容でお届けします。

最終戦新城ラリーのレキ日で内容は盛りだくさん

こんばんは
2015年全日本ラリーの最終戦となります
新城ラリーが始まりました。
昨日はMINI豊川さんより

MINI3ドアのJCWモデルをお借りして(マネージャーが)

モーターショーのタイミングに合わせて各デイーラーさんに納車されつつあるクラブマンの実車を見て(マネージャーが)
羨ましいかぎりです。

本日はレキ日でして、
SSは5コースといつもより少なめ。
世界の保井コドライバーに
新城のコースを一言で解説させると
クネクネ
クーネクネ
キャッツアイ
というコースだそうです。
わかりやすいですね。

本日はちょっとチャレンジなセッティングしました。
と、言いますのも
前回のハイランド、あまりにセッティングが合わなかったので
ショックの仕様を変えようと思ったのですが
ビルシュタインさんでの作業が時間的に難しく

キャロッセさんのショックを仕様変更して利用することに。

前回いきなりおかしくなった車速信号の部分も直してもらいました。

で、セッティングを変えました。
ターマックのSタイヤでの使用は初めて。
恐る恐るレキで走ってみましたが
悪くない。と言うかむしろいい

ので余裕持って更に細かい調整を行いつつ
無事にレキを終えました。

セレモニアルスタートが終わり

ホテルでビデオチェックを行いました。
その頃サービスでは

SZL(ウインカーとかの生えているハンドルの裏のユニット)
を交換作業開始



そして案の定エラーが発生(これは取り付けるとエラーが出てしまうもので、たまに出ないらしい)

そこに今回助っ人で来てくれたMINI大田のチーフメカニック
が来てくれて、
ちゃちゃっと修復完了

なんでこのタイミングでSZL交換をしたのか?

実は以前タカタであったスパイラルケーブルビヨヨン事件のあと
取り付けたSZLが暫定のもので
ライトスイッチがおかしかったのです。
オフの場所でオートライト
ポジションの場所でライトオフ
ライトオンの場所でポジション点灯
さらにポジションではウインカーをつけるとポジションが消えるという
実に使い勝手の悪く、謎の仕様になっておりました。

リエゾンでライトオンして走行する必要もあるため
今回交換していただきました。
メカニックの皆さん、余計な作業すいませんでした。ありがとうございます。

ラリーコンピューターのタブレットもちゃんと動く確認できたし
SZLも治ったし
あとはちゃんと走るだけ。