MINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAM.のドライバー、大橋逸夫による車輌開発ストーリーから
レース情報・現地情報など、盛り沢山の内容でお届けします。

2015シーズンご声援ありがとうございました

みなさん、こんにちは。コドラの三浦です。
ついに全日本ラリーの2015年シーズンが終了してしまいました。
長かったようで、短かったあっという間の1年でした。

毎戦のように全国各地に足を運んでくださった皆さん、ブログやFBを通して応援してくださった皆さん、そしてスポンサー・チーム関係の皆様本当にありがとうございました。

このチームで少しだけプレーさせて頂き、一番感じたことは新しいことを形にしていくエネルギーがもの凄いということでした。

日本で参戦暦のないMINI CROSSOVER.でラリーに参戦すること自体もそうですが、たとえば、全国のMINIオーナーの方々を対象としたプグラムでは、チームとの交流に加え、お客さんに実際にSSを体験して頂くなど、前例のないイベントを成功させ、最後にはリピーターのお客様が駆けつけるほどの盛況ぶりでした。

ラリーを盛り上げたいという気持ちを具体化するには想像を絶するエネルギーが必要だと思います。当然実績のないプログラムを実行するにあたり、反対意見もあったと思います。その中でも成功に導けたのはドライバーの大橋さん、マネージャーの齋藤さんの熱意以外の何ものでもありません。
最初はたった2人だったかもしれませんが、その熱意が周囲に伝わり、何十人、何百人に広がり、最後にはチームの枠を超えてMINI CROSSOVER RALLY TEAM.への期待が2人に寄せられいたのを強く感じました。

私は目の前のことに追われるばかりで何もできませんでしたが、誰もなしえなかった未来を実現するパワーを持ったチームに関われたことは、これまで経験したことのない刺激になりました。
ラリーを盛り上げたいという気持ちの真剣さはこのチームに勝るチームはなかったと思います。

全日本ラリーに関わるまでは別のチームでクロスカントリーラリーの経験しかなく、競技という視点に偏っていたことに気づかされました。このチームに関わって感じた見てくれる人に喜んでもらう、楽しんでもらうという視点を自身のこれからに活かせたらと思っています。

1年間ありがとうございました。