MINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAM.のドライバー、大橋逸夫による車輌開発ストーリーから
レース情報・現地情報など、盛り沢山の内容でお届けします。

2015年シリーズ競技は全て終了しました。そして立役者シリーズ最終回

こんばんは。

また少し間が空いてしまいました。

2015年のシリーズ競技は全て終了しました。
SUPERGTの会場では、BMWJAPANの皆様が最終戦ということで多数ご来場していただいておりましたが
沢山の方に来年について応援して頂けました。本当にありがとうございます。

ピットウォークでも僕を探してくれる方がいらっしゃったり、
MINIオーナーさんが話しかけてくれたり
F56のJCWの話で盛り上がったり

2015年はSUPER GTと全日本ラリーの日程が重なりまくっており
今回も8月の富士ぶりのサーキットでした。
チームは予選3位からの本戦2位とちょっと悔しい、でも嬉しい結果となりました。

さて、今回はキャロッセチーフメカニック渡部さんの登場です。
2014年10月末からMINIの車両開発に関わり、
シーズン1年通してキャロッセのメカニックとして
車両のこと、競技のこと、サービスのことと
色々お世話になりました。

撮影前は”撮影されるのは苦手だ苦手だ”と言っておりましたが
チーフともなると
この活動がどう会社に役立つか?
という部分まで考えて動かれているようです
多少なりとも、キャロッセさんの役に立つ事だったのであれば
我々にとってもとても嬉しいことです。

それでは、影の立役者シリーズ最終回
キャロッセチーフメカニック渡部さん