MINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAM.のドライバー、大橋逸夫による車輌開発ストーリーから
レース情報・現地情報など、盛り沢山の内容でお届けします。

MINICHALLENGE第2戦

日曜日に富士スピードウェイでMINI CHALLENGEの第2戦が行われました。
今回もご招待いただきましたので、見学に行ってまいりました。

参加台数は前回と同じ4台。今回もチャレンジカップへの相乗りです。

ドライバーに私どもも大変お世話になっておりますTIPOの佐藤編集長が登場です。

次回あたり僕も乗らせてもらえないですかねw

さて、今回も充実のホスピタリティ
部屋がクリスタルルームからプレスルームに変わってましたが

ケータリングサービスなどはそのまま

車はワンメイクなので全て同じなのですが、
この車両は少し金色が増えましたかね

時間があったので細かいところを見てみますと

アンテナ、意味があるんでしょうか?

これはレインランプかな?ハイマウントブレーキランプかな?

ブレーキはALCON

レースは無事進行しました。
レース前に小雨が降って来まして、

サーキット専用天気情報アプリのこれによると雨はすぐに止む様子でしたが、
全車両ウェットタイヤに履き替え。

コースインして

レースがスタート。
程なく路面はドライに。(だから言ったのに)

途中佐藤編集長の行き場がないフルブレーキングなど
ドキドキさせる展開もありましたが、

全車両無事にゴール。

次回は11月か12月だそうです。
車としてはすごく楽しそう。
でもワンメイクのレース車両って
2次利用がしにくいんですよね。
普通はレギュレーションに合わせてレーシングカーを作るので

それもあって参加者が様子見をしているのでしょうか。
このままだとMINICHALLENGE JAPANじゃなくてMINICHALLENGE ASIAになっちゃいますよ!

最後に
今回、MINICHALLENGEの観戦に
7台のMINIオーナーさんが集まってました。