全日本ラリー JN5クラスに参戦中のMINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAM.のレースレポートです。

第7戦 Rally Hokkaido

開催日

2015年9月18日(金)〜9月20日(日)

開催場所

北海道・帯広市近郊

天候/路面

Day1 雨 / ウェット
Day2 晴 / ドライ
グラベル(非舗装路面)

総走行距離

741.66km

SS総距離

189.82km(SS17本)

参加台数

38台

2015年全日本ラリー選手権第7戦目となる「Rally Hokkaido」が、北海道十勝地方を舞台に開催された。
 
APRC(FIA アジア・パシフィック・ラリー選手権)と併催されるRally Hokkaidoは、国際ラリー競技会となり、海外チームの参加はもちろん、多くの市民やラリーファンが足を運ぶ大会で、総走行距離が741.66kmにも及ぶ全日本ラリー選手権の中でも群を抜くスケールの大きさが特徴である。
 
ホストタウンは十勝地方の中心、帯広市。北愛国交流広場にサービスパークが設けられ、Leg1は、そこに隣接する特設SS(スペシャルステージ)の「SATSUNAI RIVER(0.96km)」から始まり、「RIKUBETSU LONG(4.63km)」を3回、「YAM WAKKA(23.49km)」、「KUNNEYWA(28.75km)」、「PAWSE KAMUY(10.40km)」を各2回、最後に「SATSUNAI RIVER」を1回走行する。Leg2は、「OTOHUKE Reverse(6.12km)」を2回、「IKEDA(12.37km)」、「NEW HONBETSU(13.79km)」、「NUPRI PAKE SHORT(9.37km)」「SATSUNAI RIVER」を1回ずつ走行し、17本のSS・合計距離189.82kmで競われる。
 
また、今年のRally Hokkaido のSSは、基本的にはグラベル(非舗装路面)だが、Day2の「NEW HONBETSU」の後半部分と、「IKEDA」の全てはターマック(舗装路面)となっており、今大会もタイヤ選択に悩まされる構成となった。
 
チームは大会前の15日(火)と16日(水)にテストを行い、マシンの入念なチェックとメンテナンスをして大会に臨んだ。

18日(金)の午後よりラリーショーが催され、多くのMINIファンやオーナーとの交流を深めた。その後、APRC勢より順にセレモニアルスタートを経て、辺りが暗くなった頃SS1「SATSUNAI RIVER1」でラリーは幕を開けた。0.96kmのショートステージとはいえ、午後から降り始めた雨の影響で、ライトがあっても決して視界は良くない上、完全なウェットコンディションのコース。他チームも序盤からトラブルに見舞われた。雨によりぬかるんだ路面は、パワーの有る前走車両により深く掘られ、大きな穴やギャップができ、また石が出ているような状態。MINIも例外なくその穴にはまってしまう。その際の衝撃によりロアアーム、ドライブシャフトが抜け、自走不可能に。幸いSS1はSSS(スーパースペシャルステージ)に設定されていたため無理をしてパルクフェルメに入らずともリタイアにはならず、5分のペナルティで済むため、明日の走行に向けてサービスへ入る。しかし、ドライブシャフト・スタビライザー・ロアアーム・ブレーキキャリパーなど右リアの足回りほぼ全てが破損、しかもスペアパーツがないことから絶体絶命の事態に陥ってしまう。チーム全員が手をつくし各所にパーツを探すも見つからず、三枝チーフメカニックをはじめとするメカニックの検証により、ドライブシャフトの破損部分をソケットレンチで代用、スタビライザーに関してはフロント用のものを切って溶接するという案が採用されることとなった。作業すること5時間、時間は深夜1時、車両をなんとか走行できる状態にし、明日のLeg1Bに臨む。
 
翌朝19日(土)、昨日から降り続く激しい雨の中、林道とダートコースを合わせたSS2「RIKUBETSU LONG1」からスタートを切った。ドライブシャフトが完全な状態ではないことと、前日の破損により右サイドブレーキが一切使えない状況の中、またしても雨によりスリッパリーな路面で、コーナーに進入したMINIはコーナー途中でラインを外しぬかるみにはまってしまう。タイヤが空転し自力での脱出が不可能になってしまったため、無念のDay離脱となった。Leg1終了時点で参加台数の半数がリタイアというサバイバルな展開となったが、幸い今日のコースアウトにより受けたマシンのダメージは少なく、明日のLeg2だけでもMINIをより良い状態で走らせるため、最終メンテンナンスは夜中まで続いた。

20日(日)、この日雨は上がったものの、1本目はところどころウェットコンディションの残るSS12「OTOFUKE Reverse1」からの走行となる。ターマック(舗装路面)の含まれるステージが設定されたLeg2、朝のサービスで、前後種類の違う2種類のタイヤに履き替えてスタートしたMINIは、いつ壊れるともわからないドライブシャフトと、フロント用を利用したスタビライザー、効かないサイドブレーキというトラブルを引き続き抱える中、序盤から好タイムを刻む。SS12「OTOFUKE Reverse1」ではクラス6番手だったものの、SS13「IKEDA1」で4番手、SS14「NEW HONBETSU1」で3番手、SS15「NUPRI PAKE SHORT1」では2番手と順調にDAY2クラス順位を上げた。最終ステージSS17「SATSUNAI RIVER3」においてはステージベストを獲得。Leg2最終順位は総合12位、クラス4位で終了、順調な走行だっただけに、Leg1 のリタイアが悔やまれる結果となった。
 
次戦は岐阜県飛騨高山で行われる「M.C.S.C ハイランドマスターズ」。2015年全日本ラリー選手権、残る2戦は、ターマック(舗装路面)での戦いとなる。

ドライバー 大橋 逸夫 選手コメント

SS1ではどうなることかと思いました。SS2でのリタイアが悔やまれますが、恐らく急造のドライブシャフトでは2日間の走行は無理だったと思います。DAY2は後5秒でデイポイント獲得と惜しい状況ではありますが、タフなラリー北海道で経験豊富なライバル勢に一歩近づけたのが良い点でしょう。メカニックの皆様、キャロッセの皆様のサポートがあっての今回の結果です。

コ・ドライバー 三浦 昂 選手 コメント

初日、2日目とドライバーに正確に情報を伝えられず、悔しい思いをしましたが、最終日はステージベストを含む4位でフィニッシュができました。最終日にスタートを迎えられたのもメカニックの皆さんが深夜に及ぶマシンの復旧にあたってくれたおかげです。チームの皆さんに恩返しできるよう次戦もさらに良い結果を目指したいと思います。